リフォーム・リノベーション

電力自由化が2016年4月に始まるからオール電化住宅が今また気になってきたあなたへ

オール電化住宅

オオサワ創研の「住まいのコラム」をご覧いただき、ありがとうございます。
本日も、みなさまが知って得する住まいの情報をお届けいたします。

さて今回のテーマは前回に引き続き「オール電化住宅のいまについて」

 

前回のコラムは「これから!」というところで次に引き続いてしまい申し訳ありません!

 

本日のコラムは

 

「オール電化にすると効果が高い人はどういう人?」

「2016年4月に始まる電力自由化でオール電化は安くなる?」

をお送りしたいと思います。

 

 

オール電化にすると効果が高い人はどういう人?

オール電化を選択肢に入れたほうが賢い人とはどういう人なのでしょうか。

まずメリットの方が魅力でデメリットはあまり気にならない人は選択肢に入れるべきでしょう。次にガスが都市ガスではなくLPガスであり、料金設定がとても高いと感じている人。ただこれはLPガス会社をほかの会社に見直すことで改善される場合もあるでしょう。そして都市ガスを使用していてもその基本使用料分がもったいないと感じている人。これはオール電化にした際にどれほど変わるものか長い目で計算するべきでしょう。

最後に子どもやお年寄りが家族におり、ガスを使用することに不安を感じる人。この場合は何かあったときでは遅いですし命には代えられないものですので、導入するメリットは非常に大きなものとなるでしょう。

ただ、オール電化にしても考えながら利用しないといけません。実際オール電化を導入したご家族が光熱費が格段に高くなったという声も聞くことがあります。なぜならオール電化住宅向けの料金プランは、安い深夜電力を利用できる代わりに日中の電気代はとても高額な設定がされているのです。そのため家電のタイマーを上手に利用し、日中になるべく電気を使わず、家電製品をなるべく深夜電力の時間帯に使うようタイマーをかけておくこと、また季節によってエコキュートに 夜中にお湯を作っておく量を変えたり、量を自動で調整してくれる設定に変えることでガスと併用するより格段に安くなっているご家族もいらっしゃいます。

オール電化住宅にして格段に光熱費が高くなってしまった場合は、プラン変更などで改善する場合もあるので、一度電力会社に相談をしてみましょう。

また、どうしても昼間に追い炊きしたり電気をたくさん使う必要があるご家族の場合は、太陽光発電や燃料電池、または蓄電池などを採用し、さらにエネルギー利用状況を見える化して、省エネを簡単にできるようにするシステムなどで賢く電気を管理されているようです。いわゆる「HEMS(ヘムス)」といわれる新しいシステムですね。みなさまもどこかで聞いたことがあるでしょう。

家庭での電力の「見える化」による1日当たりの省エネ効果は10%程度と言われています。HEMS(ヘムス)を設置すると、太陽光発電量や蓄電池の電気使用量、家庭内の電気の利用状況をモニターで簡単に確認できるため、それぞれのライフスタイルに合わせて無理なく節電することができます。今後は、家庭内の電気機器を一括してコントロールしたり、声などで情報を見たりコントロールしたり、エネルギー利用状況に合わせて自動的にエネルギー使用量を最適化したりできるようになるなど、SF映画で見たような「スマートハウス化」が実現されていく時代になるだろうと言われています。その中心となるのがHEMS(ヘムス)なのです。

 

2016年4月に始まる電力自由化でオール電化は安くなる?

近未来の話はひとまず置いて、直近の電気に関する大きな話題といえば来年2016年春から始まる「電力自由化」です。これまで、ビルやマンション単位で電力会社を選ぶことはすでにできていましたが、来春からはついに電力自由化が全面的に始まるのです。

これまでは、大きな電力会社から送電される電気のみを使用できるため競合がおらず、健全な競争が行われているとは言えませんでした。そこで電力自由化されることによって、健全な競争をしていこうという狙いがあるのです。

先日携帯やインターネットで有名なKDDIが関西電力と共同で「auでんき」、Softbankが東京電力と共同で「ソフトバンクでんき」という名称で電気供給サービスを全国で始めるということで大きな話題となりました。その結果このニュースからお客様よりさらにオール電化についてご相談を受けることも多くなりました。携帯電話やインターネットとのセット提供によりセット割引(※2016年1月12日にSoftbankは携帯電話やインターネットとまとめて契約する割引プランを、『おうち割』とすると発表。2016年1月19日にauは携帯電話とまとめて契約する割引プランを、『auでんきセット割』と発表)などが行われることから、大きな注目を浴びているのだと考えられます。

さてオール電化に関して話を戻してみると、やはり顧客離れを解消するため各大手電力会社は電力自由化が始 まるタイミングとともにお得なプランを打ち出すことを予定しています。オール電化向けプランもお得なプランが作られるようです。電力自由化が始まったあと も切磋琢磨して利用料金やサービスなど様々な変化が起こっていくでしょう。各電力会社の新しい動きを注意深く勉強し、その時々で一番良いシステムや料金プ ランを選ぶなど、消費者も少し努力して賢く光熱費を安くしていきたいものです。

いち早く電力自由化が始まっている欧米諸国でも始まって便利になったところ、不便になったところさまざまなことがあるようです。

日本でも安心のインフラがより使いやすい料金でより良いサービスがどんどん始まり、利用者の選択肢が増えていくことを期待したいですね。