外装・エクステリア

車を守ってくれるカーポートのメリットと、気になる固定資産税について

カーポート

オオサワ創研の「住まいのコラム」をご覧いただき、ありがとうございます。
本日も、みなさまが知って得する住まいの情報をお届けいたします。

さて今回のテーマは「カーポート」について。

 

 

車を買う若者が少なくなったという話をよく耳にしますが、オオサワ創研があるここ広島の呉という地域はまだまだ車がないと生活が難しい場所なので、家を考えるときに車を置く場所を相談されることがまだまだ多いです。車を持っている方には、大事な車を汚さないようにしたいものですもんね。

そんな方にはやっぱりカーポートの設置が人気です。

 

 

 

そこで本日のコラムは

「カーポートを設置するメリットってなに?」
「カーポートを選ぶときのポイントや、種類、相場価格について」
「カーポートって固定資産税が余計にかかるって本当?」
でお送りしたいと思います。

 

■ カーポートを設置するメリットってなに?

カーポート

「カーポート」とは、柱と屋根だけの簡易的な車庫のことを指します。壁もありしっかりと守られている車の部屋のようなものは、「車庫」や「ガレージ」と呼びます。

カーポートは壁がないため、横からの雨風に弱いのではないかと思う方がほとんどですが、屋根があるだけで丸裸のそれとは全然違い、ほとんどの雨は防げます。

そして車の大敵である紫外線を防ぐことができます。車には多くのプラスチックが使われていますが、カーポートを設置していれば車への紫外線の到達はかなり少なくなるので、プラスチック部分の劣化を大幅に防げるのです。

そして雪が降った次の朝に寒い中車に積もって凍ってしまった雪を、一生懸命どけている人をたくさん見かけます。さらに夜間に降った雪が凍ってしまい、運転できるようになるまで暖房などで溶かす必要がありますが、カーポートを設置さえすればそんなつらい作業をすることがほぼなくなるので、安心です。

 

■ カーポートを選ぶときのポイントや、種類、相場価格について

ではそんなメリットがたくさんのカーポートを選ぶときはどんなポイントに気をつければいいのでしょうか。その種類や相場と併せてご紹介します。

 

カーポートを選ぶときのポイントとは

カーポートを購入するときは、下記のようなポイントを踏まえて選びましょう

  • 車は何台駐車するのか
  • 駐車する車の大きさはどれくらいなのか
  • 駐車する車の高さはどれくらいなのか
  • 積雪や強風に強いものを選ぶべき地域なのか
  • 家とのデザインや色、雰囲気はマッチしているのか

 

カーポートの種類はどんなものがあるのか

カーポートには多くの種類があり、どんなニーズなのか、そして設置場所はどんな場所なのかを踏まえて検討しましょう

主な形状の種類

■ 片流れタイプ

片流れタイプのカーポート

2本、もしくは3本の柱が片側だけにあり屋根を支えている、よく見るタイプの形状です。
駐車の際に柱が邪魔になりにくいので、狭い敷地でも車の出し入れがしやすいタイプです。

 

■ 両側支持タイプ

両側支持タイプのカーポート

片流れタイプと違い両側に柱があるため、しっかりと屋根を支えるタイプです。
デザインだけではなく性能的にも安定感があるので、積雪などに備えたい場合におススメです。

 

主な屋根材の種類

■ 塩化ビニール

塩化ビニールは、透明で波型になっている屋根にも使われている素材です。カーポートではガラス繊維を含み、よく見る屋根より強度を高めています。安価ではあるものの、他の屋根材に比べると耐久性が低く、紫外線防止効果も低めの傾向です。

 

■ ポリカーボネート

強化ガラスの150倍もの強度があり、耐火性にもすぐれており、さらに紫外線を90%以上カットする効果もあるため、現在の屋根材で種類になっている素材です。さらに他の素材を加えることで、熱吸収や汚れに強くするなど付加価値をつけることができます。

 

■ 金属板

台風の発生が多い地域や豪雪地域などでは、金属板の屋根をつけることが一般的です。ですが金属でできている屋根を支えるために、しっかりとした柱を立てる必要があるため、最も高価な屋根材です。

 

カーポート設置にかかる相場は大体いくらくらい?

カーポートを現在設置していない方も、現在カーポートを設置していて買い替えを考えている方も、設置にいくらくらいかかるのか、お値段が一番心配となることでしょう。

もちろん多くの種類があり、そのサイズや駐車台数、カーポートの屋根を支える支持方式やカーポートの屋根材により値段が変わりますが、一般的に20万円~80万円くらいが相場です。特殊なものでは100万円を超える場合がありますが、100万円を超える場合はよほど大きいカーポートです。

ただ、そのカーポート台と併せて施工価格が必要です。施工の価格は場所や状況によって変わりますので、近くの施工会社に相談をしましょう。そしてカーポートの販売と施工を一緒にやってくれるところの場合は、工事費込みになったり割り引きになったりする場合があるので、カーポート本体価格と工事費、そして保証などを加味しながら依頼業者を選び、お得にカーポートを設置しましょう。

またすでにカーポートを設置している場合、カーポートの耐久年数が10~20年ほどが一般的なので、大切な車を傷つけることがないように、定期的なメンテナンスや買い替えを忘れないようにしましょう。

 

■ カーポートって固定資産税が余計にかかるって本当?

カーポート

お客様にも「カーポートは固定資産税が高くなるから、悩んでいるんだよね」「固定資産税のチェックが終わった後にしたいんだよね」といわれることがよくあります。

一般的に固定資産税は固定資産課税台帳に登録されている土地や建物の価格を基に、1.4%の税率で各市町村に払うものです。各市町村が現場調査したときに、そのものがあれば課税されるシステムで、もちろん安い方がいいというのは理解できます。ですがそのなんとなくみなさまの中にあるその感覚は、ほんとうなのでしょうか。

 

答えは「NO!」です。

固定資産税はカーポートにはかからないのです。

 

一般的に固定資産税の課税対象になるものは、以下の3つを満たしているものです。

  1. 屋根があり、三方が壁に覆われている(外気分断性)
  2. コンクリート基礎などで、地面に固定されている(土地定着性)
  3. 居住、作業、貯蔵などに利用することができる状態にある(用途性)

そのため、カーポートは固定資産税の課税対象とはならず、三面以上が壁に囲まれたガレージの場合は課税対象となります。固定資産税の課税対象にしたくない人は、カーポートにしておけば安心ですね!

 

▼これは固定資産税非課税

カーポート

 

▼これは固定資産税課税対象

ガレージ

 

役所で働いている方に確認したので問題がないとは思いますが、カーポート設置を検討されている場合は一度各市町村にお問い合わせして確認しておくと安心ですね!

 

まとめ

いかがでしょうか。
今回は車を持っている方には、あったら嬉しいカーポートについてご紹介しました。

最近では単純なカーポートやガレージだけではなく、屋根にソーラーパネルを設置して太陽光発電したり、ガレージの上に家からつながる庭やウッドデッキを設置するという、付加価値を与えるケースもとても流行っています。

そして車の中にたくさんの精密機器がありますので、紫外線をカーポートで防ぎ、車内が暑くならないようにして、愛車を大事にしておきたいものですね。