住まいに関わること

ふすまの張り替えとDIYってどちらがいいのか色々考えてみた

オオサワ創研の「住まいのコラム」をご覧いただき、ありがとうございます。
本日も、みなさまが知って得する住まいの情報をお届けいたします。

さて今回のテーマは「ふすまの張り替え」について。

 

 

 

 

前回のコラムに引き続き和室特集でお送りします。畳を取り入れた方が、ふすま戸を採用される方がもちろん多くいらっしゃり、その方々からも多くご質問をいただきます。モダン和風が流行っているので、ふすまは今またブームとなっています。

 

そこで本日のコラムは

「ふすまのDIYってどうなんでしょ?」
「ふすまの張り替えをお願いするときに、どんなところにお願いすればいいの?」
「ふすまの張り替えでふすま以外にもこだわりたい!」
でお送りしたいと思います。

 

 

 

■ ふすまのDIYってどうなんでしょ?

ふすまのDIY、やってみる人増えてます。最近はホームセンターなどでも販売していたり、通信販売で簡単にできる張り替えキットなども販売されているので、昔よりかなりハードルは下がってきているように思います。

私個人的には、「やってみるのもいいけど、やっぱり違う」というのが印象です。

DIYはとても楽しいので、やってみるのもいいんだけど、その道何十年の方との仕上がりの差はやはりあるものだと思います。あとふすまには多く種類があり、張り替えの時にその種類に沿ったやり方をやっていないと、失敗をしてしまうこともあります。シワシワになったり、ぴしーっとならなかったり、剥がれてきてしまったり、木枠を壊してしまったり・・・様々な理由でうまくいかず、結局材料を何度も買ってしまう羽目になったり、時間が非常にかかってみたり・・・。その結果、頑張って時間と労力とお金をかけたにもかかわらず、「もっと早く頼んでおけばよかった」とその後プロに任せる方も多くいらっしゃるのも事実・・・。

最初DIYを試してみるのなら、お客様の目に触れない、そしてあまり使わない部屋のふすまから試してみるのを、個人的にはお勧めします。また、その労力や時間をお金で買って、なおかつ綺麗なふすまになるのであれば、冷静にプロに頼むという選択肢をもう一度考えてもいいのかなと思っています。

 

■ ふすまの張り替えをお願いするときに、どんなところにお願いすればいいの?

ふすまの張り替えをお願いしたいとき、どのお店にお願いすればいいのか、実は迷う方も多いかと思います。ふすまを張り替えてくれるお店や業者さんは、以下のような名前がついています。

  • 〇〇襖店(ふすまてん)
  • 〇〇表具店(ひょうぐてん)
  • 〇〇表装店(ひょうそうてん)

この中でも特に「〇〇襖店」とついているお店は、ふすま張りを専門としている業者です。様々な要素からどのお店にお願いするか決めましょう。

 

■ ふすまの張り替えでふすま以外にもこだわりたい!

ふすまは、壁紙を変えると同様に大きな範囲を変えるので、ふすまを張り替えるだけでガラリとお部屋の印象は変わるのですが、細かなところもこだわりたい!という方におすすめなのが、引手やふすま縁の変更です。引手には陶器や銀、木や樹脂など様々な素材やデザインのものがあります。そしてふすま縁も白木や木目、赤色や黒色に交換すると、お部屋の印象をさらにガラッと変えることも出来ます。

ただ、張り替えができないふすまもあるので、事前に確認してもらうほうがベターでしょう。

 

■ まとめ

いかがでしょうか。
今回はふすまの張り替えについてご紹介してみました。

こだわればこだわるほど、多くの選択肢があるふすま。たくさんこだわって遊んでみるのもいいかもしれませんね。