住まいに関わること

ベランダ、バルコニー、テラスの違いって何?

オオサワ創研の「住まいのコラム」をご覧いただき、ありがとうございます。
本日も、みなさまが知って得する住まいの情報をお届けいたします。

さて今回のテーマは「ベランダ・バルコニー・テラスの違い」について。

 

 

 

私は物件を見たり、モデルルーム巡りがすごく好きです。そのため色んな物件を見ていたのですが、オオサワ創研で働いてから初めて「ベランダとバルコニー、テラスの違い」を知ってとっても驚いたので、これから私たちと一緒に働く新社会人のみんなのためも含めて、この3つの違いについてご紹介したいと思います。

 

 

 

そこで本日のコラムは

「ベランダとは?またベランダの定義とは?」
「バルコニーとは?またバルコニーの定義とは?」
「テラスとは?またテラスの定義とは?」
でお送りしたいと思います。

 

■ ベランダとは?またベランダの定義とは?

ベランダ

ベランダの定義とは
  • 建物からせり出した、人が歩ける場所のこと
  • 屋根があり、人が歩けるように建物からの出入り口がある
  • 主に2階以上にあるものを指すが、まれに1階にあってもベランダと呼ぶこともある

 

ベランダの特徴とは

上記のベランダの定義から特徴をあげるとすると、

「屋根がついている」

という点です。

 

一般的にもベランダと言えば、洗濯ものを干したりするスペースのことをベランダと言いますよね。

 

■ バルコニーとは?またバルコニーの定義とは?

バルコニー

バルコニーの定義とは
  • ベランダの屋根がないパターン
  • 建物から外にせり出し、手すりがある場所
  • 2回以上にある

 

バルコニーの特徴とは

ベランダとの違いが明確なのは、

「屋根がない」ということ。

またバルコニーの方がベランダより広いスペースが設けられていることが多いですね。

「ロミオとジュリエット」の場所、というと伝わることが多いです。

 

■ テラスとは?またテラスの定義とは?

テラス

テラスの定義とは
  • 1階にある
  • 屋根がない
  • お部屋とほぼ同じ高さで作られていて、そのまま出ていける

 

テラスの特徴とは

とても明確です!

「1階にある屋根がないもの」

がテラスです。

 

元々テラスとは、昔のフランス語で「盛り土」という意味だったようです。そう、あの「盛り土」です。
おうちの大きな窓などから、お庭に出る憧れのあの場所ですよね。

ちなみに、よく似ている「デッキ」と「テラス」の違いですが、「デッキ」は地面より少し高くて、建物から突き出している、室内の床とほぼ同じ高さが多くて、室内の延長または一部というイメージ。そして「テラス」は庭の一部というイメージです。

テラスが広いと、椅子とテーブルを置いて天気がいい日に家族で「うふふ」「あはは」ということもできますよね。こんなおうちに住んでみたいなあ。

 

まとめ

いかがでしょうか。
本日はわかりにくい「ベランダ・バルコニー・テラスの違い」についてお伝えしました。

「まとめ」なのでわかりやすくまとめると、

ベランダ 屋根がある屋外スペース
バルコニー 屋根がない屋外スペース
テラス 1階にあり、屋根がない屋外スペース

 

とってもわかりやすいですね!

一回覚えてしまえばカンタンです。ドヤ顔で周りに「違いを知ってる?」って聞いてみてください。

 

ちなみに海外ではまた違う定義となり、「1階にあるのか、2階以上にあるのか」の違いです。

  • ベランダ(Veranda:ポルトガル語)
    意味:建物の1階にあり、建物からせり出した屋根と手すりのある、歩くことができるスペース
  • バルコニー(balcony:イタリア語に由来)
    意味:2階以上にあり、手すりがあるスペース。屋根の有無は関係ない。

 

所変われば、いろんなことが変わるんだなと、何年経っても勉強が大事だなと思ったわたしでした。

季節は春!広いスペースでいい天気を楽しみましょう!