健康・eco

花粉症対策のためにできること。家をリフォームするという対策もありますよ

花粉症

オオサワ創研の「住まいのコラム」をご覧いただき、ありがとうございます。

本日も、みなさまが知って得する住まいの情報をお届けいたします。

さて今回のテーマは「花粉症とリフォーム」について。

 

 

 

 

みなさまは花粉症の症状はありますか?私は絶賛花粉症と戦っています。目がかゆくてかゆくて、涙は出るしくしゃみと鼻水は止まらないし、どうしようもありません。どうにかできないものでしょうか。

 

そこで本日のコラムは

「花粉を家に持ち込まないためには」
「花粉症対策グッズもあります」
「花粉症対策リフォームという手もあります!」

 


でお送りしたいと思います。

 

 

 

■ 花粉を家に持ち込まないためには

外でどれだけ花粉対策をしていても、家庭内で対策をしていなければ花粉症の症状は出てしまいます。

飛散している花粉はいつの間にか来ている衣服についてしまっています。ほとんどの人がそのまま家に入ってしまうので、家に花粉を持ち込んでしまいます。花粉の時期には、家に入る前に衣服の表面についた花粉をしっかりと払い落としてから家に入りましょう。

家によっては玄関口で上着をかけられる玄関収納がある家もあります。そこにかけておけば玄関で上着を脱いでからリビングや自分の部屋に入ることができるので、とても便利です。

少しでも花粉が家の中に入る危険性を下げておきましょう。

 

■ 花粉症対策グッズもあります

花粉症対策のグッズも数多く出ています。花粉症対策のためのグッズといえば、まずマスクや空気清浄機などが思い浮かぶでしょう。

そして薬なども良い方法の一つです。だけど薬は眠くなったり喉が渇いたりするんですよね。薬いやだなーと思っている方に薦めたいのが、スプレーを顔にかけて花粉などをブロックするもの。また鼻の中や鼻の周りに塗って同じく花粉などを身体の中に入ってこないようにするアイテムがドラッグストアなどで販売されていますので、気になる人は是非チェックしてみてくださいね!

 

■ 花粉症対策リフォームという手もあります!

家に入る前に花粉を衣服から払い落としても、花粉対策グッズを使っても、洗濯物を外で干したらどうしても花粉が衣服についてしまいます。洗濯物を取り込むときにどんなにはたいたとしても、大量に衣服に付いたままになってしまう可能性もありますよね。

そのため、この時期室内干しをする方も多くいらっしゃるのですが、室内干しは洗濯物が臭くなりがちです。でもそんな方におススメなのが家を室内干しスペースを家の中に作ってしまうという方法です。リフォームが必要なので大変ではありますが、花粉が洗濯ものにつきにくくなるのでとてもおススメです。その時に部屋干しファンをつけて早めに洗濯物を乾かせば部屋干し臭も緩和されます。

また、部屋干しじゃなく太陽光で乾かしたいという方は、ベランダのもの干しの箇所にサンルームを設置する方もいらっしゃいます。そうすれば花粉を気にせず太陽光で洗濯物を干すことができます。

 

まとめ

いかがでしょうか。
今回は花粉症対策についてご紹介しました。

花粉症は目を取り出して洗いたいというくらいつらいものです。私もその気持ちとてもわかります。そのためできることは予算と状況に応じてやっていきたいですね。