リフォーム・リノベーション

減築リフォームであなたの生活を豊かにする。

オオサワ創研の「住まいのコラム」をご覧いただき、ありがとうございます。

本日も、みなさまが知って得する住まいの情報をお届けいたします。

さて今回のテーマは「減築リフォーム」について。

 

 

 

 

最近ラジオやテレビでよく聞くようになった、「減築リフォーム」という言葉、ご存知でしょうか。意味は言葉そのまま、増築の反対で家を小さくするリフォームのことです。減築にお金をかけるなんてよくわからない!と思われたそこのあなた!そう、そういう方多いのです。でもこの減築リフォームを採用する方が多くなってきていることも事実。なぜ今わざわざ減築する方が増えているのでしょうか。

 

そこで本日のコラムは

「なぜ今、減築リフォームなのか」
「減築リフォームのメリットとは」

 


でお送りしたいと思います。

 

 

 

■ なぜ今、減築リフォームなのか

なぜ今減築リフォームが増えているのでしょうか。それは、家庭環境、ライフスタイルの変化が根底にあります。昔は家族が家から出ていくことは少なく、出ていったとしても長男など誰かはその家に残って後を継いだものでした。そのため家から部屋がいらなくなる、部屋が余るということはあまりなかったのです。

それが時代が変わり今日、子どもが育った時には家を出ていくのが一般的になりました。そして子どもたちがいたはずの部屋が必要なくなり、次第に不便に思ってくる。その結果としてメンテナンスや維持費がいらなくなる「減築」をしたほうがいいよねというという考え方が拡がりました。

そのため、若い層には平屋がまた見直されているから、そしてリタイア後の夫婦には余分な部屋を減築で削りたいというニーズから今多くの方に減築リフォームが採用されているのです。

 

■ 減築リフォームのメリットとは

では、減築リフォームを行うことで、どんなメリットがあるのでしょうか。以下にまとめてみました。

 

  • 生活動線が短くなることで毎日の暮らしが楽になる
    平屋などにすれば、2階に上り下りする階段をなくすことができ、日々の危険性をなくすことができます。また減築をすれば生活導線が短くなるため、毎日の暮らしが格段に楽になります。
  • メンテナンス費用の減少
    日ごろ出入りしない部屋などを放置してしまうと、部屋の老朽化が早まってしまいます。そのためメンテナンス費用が更に掛かりやすい部屋が出来てしまいますが、本当に必要な部屋だけを残して、減築すればメンテナンス費用をその分低くすることができます。
  • 掃除や手入れなど家の管理がしやすくなる
    毎日の掃除や手入れなど、大変なものです。減築をすればそれだけ分掃除や手入れにかかる時間と手間を削減することができます。
  • 住み慣れた家から引っ越ししなくていい
    生活し慣れた地域から違う地域のマンションに移るというのは、歳を重ねれば重ねるほど億劫になるもの。生活し慣れた場所で、自分たちの暮らしを維持することができるのです。
  • 減築する場所によっては、日当たりや風通しを改善することができる
    不要な部分を減築することで、近隣に立つ家との距離を保つことができ、日当たりや風通しを改善することができます。空いたスペースを利用してまた庭などを作ることも出来るようになるでしょう。
  • 家の耐震性能が上がり、耐震性が向上する
    家は軽くなればなるほど耐震性が高まります。
  • 平屋にすればバリアフリー化しやすくなる
    平屋にすれば、バリアフリー化がそれだけ分簡単になります。
  • 防犯上の死角が減り、防犯性能が高まる
    日ごろ人が出入りしない部屋が複数あると、その部屋の窓などから誰かが浸入する危険性が高まってしまいます。そのため、不要な部屋を思い切ってなくしてしまうことが、安全に繋がることもあるでしょう。
  • 家の光熱費を軽減できる
    家を減築すれば、それだけ家に関わる光熱費を軽減できるでしょう。
  • 固定資産税、都市計画税が安くなり、維持費が安くなる
    家にかかる費用としては、固定資産税も無視できません。自分の今の生活に合わせたサイズに減築することで、家にまつわるコストを圧縮できるでしょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。
今回は減築リフォームについてご紹介しました。

リタイア後のお客様からのご相談が多い減築リフォームですが、最近は平屋がかっこいいと見直されているため、20~40代のお客様からの相談も多くなってきました。

狭すぎるのも生活しにくく、広すぎても生活しにくいマイホーム。この記事や私たちが、あなたの丁度良い私たちだけの素敵なおうちづくりの一助になれたら嬉しく思います。